メインイメージ画像

がん保険とはがんを対象にした保険

Q.ガン保険の特徴はなんでしょうか?

A.その名の通り、がんを対象とした保険ですが、まずは、最初にがんと診断を受けた場合に一時金を受け取れます。これは、医療保険の保障にはない給付です。さらに、がんで入院や、手術をした場合、給付金が無制限で下ります。これも、医療保険では日数に限りがあるため、がん保険の特徴と言えます。こんな風に、特定の病気に限定した保険は珍しいのではないかと思います。それだけ、がんは恐れられている病気です。
治すには膨大な費用がかかり、患者の負担は大きいものです。さらに、再発や転移などが、みられる場合も考えられます。そういった負担の不安を少しでも解消し、仮に、がんになった時に助けてくれる保険です。


Q.自分たちは子供を持ったばかりのほやほやのパパ・ママです。子供の誕生をきっかけとして保険を再考することにしました。今は、夫婦そろってかけ捨ての医療保険のみに契約中です。

A.最初に、必ず付け加えるべきなのが死亡保険と言えます。奥様は、一定の支払金で大丈夫ですが、お父さんの死亡保険は充足させましょう。
なぜなら、不幸が会った時に、お子さんが小さい時、働くことができず金銭面で逼迫してしまう危険性があるためです。愛する伴侶やご子息を安定した生活を送るように、死亡保険をかけましょう。死亡保険の額は、兼業主婦かによっても異なってきますが、年収の約3倍は必要条件だと言われています。

更新情報